読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春を摂取する

私は甘酸っぱい青春というものを体験したことがない。

同性の友達は多くいつもワイワイガヤガヤとしていたのだが、どうも異性の前に行くとそのワイワイガヤガヤは心の中に引っ込んでしまう。

理由は何であったろうか。

昔の小さな私に問いかけると自信がないからなんだと白状した。

子供の時分の自信などくだらないことでしか形成されないではないか。

そんなもののせいで薄ら暗い青春時代を送ってしまったのか。

そう今となっては嘆くがよく考えてみると子供はかっこよさが命。

カッコよさ=自信であった。かっこよさとは顔がいいだとか、運動が出来るだとかだ。

庭で土いじりをしていた私にはカッコ良さなど微塵も手に入らないものである。

そんな土と虫としか触れ合いがなかった私に、人との触れ合いをどうしろと言っても難しい話であろう。

 

じゃあ時を戻したら私は青春を謳歌できるのか。

じっくりと想像してみたが想像の中の私は相も変わらず土をいじっていた。

どれだけ土が好きなんだ私は。困った子だ。

想像の中の私にそんなに土ばっかりいじっていたら、楽しい青春は送れないぞと脅しても先のことは知らない。とむかつくことをいう始末だ。

なんて頑固な子だ成長した姿を見てみたい。

私はもうあきらめた。こんなことをしても無駄なのだ。もしなんてことはこの世には存在しないし、人は生まれながら進むべき大きな道は決まっていて、小さな道を違ったところで性分などは変わらないのだ。きっとそうだ。

人にはそれぞれ役割があって、割合があってキラキラしないやつがいるからキラキラするやつが目立つのだ。みんなキラキラしていたら夜空は明るくて何も見えないだろう。キラキラしている奴らはすべからく私に感謝すべきなのだ。

 

君はキラキラかい?

キラキラだと思うなら夜空が移った水面で自分をよく見てみるといい。

金メッキがはがれているから。

君の道を見誤ってはいけない。キラキラを追いかけて進んでいくとどこかでキラキラに追いつけなくなる。追いつけなくなった時に足元を見るときっと君の道は見えなくなっている。キラキラに目がくらんだんだ。迷っているんだったらそっと自分の足元を見てみるといいきっと君の道がまた見えてくる。

人間が鳥になれないようにキラキラじゃないやつがキラキラになることはできないんだ。

 

そんなあきらめがついてしまった青春も終わりかけの私が、それを手に取ったのは至極合理的な選択だったのかもしれない。前述を参考にすればそれがまさに私の道だったのだ。

小説はいい。私ではない誰かキラキラした人のもしが見れる。漫画もいい。誰もがうらやむようなもしを集めるだけ集めている宝箱のようじゃないか。

私は物語の中では自由にもしになれた。

金魚の姫様と運命を描いたり、妻の心の診察が出来ない精神科医になってみたり、自分の膵臓を憎らしく思ったり、世界を救ってみたり、親父を探してみたり、エジプトに行ってみたり、炎を体にまとってみたり。

みんなキラキラだ。現実では背伸びしたって届きやしないのにこの中では簡単に手に取ることが出来る。

私のような奴はそのキラキラを摂取しなくてはならないのだ。そうやってキラキラを摂取すると私たちはさらに光を失って鈍く、黒く輝くのだ。

勘違いしないでほしいのは私は卑屈になっているわけではない。キラキラしている奴らに自慢しているのだ。どうだ私は黒いだろ渋いだろお前たちは何だそのキンキらはダサいじゃないかと。これが私の味なのだ。個性なのだ。ただキラキラしている奴らには出せない素晴らしいものなのだ。

だから私は今までよりも黒く輝くために青春をウィダーインゼリーのようにチュウチュウとすっているのだ。

その温かくないとても冷えた青春を。