読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変態について考える

皆さんは変態についてどう思われますか?

一般的な見方としては異常と捉えられることが多いと思います。

しかし、私としては変態とは決して異常ではないと考えています。

 

変態のイメージはどんなものがあるでしょうか。私が真っ先に思いつくのはSMですね。

確かにSMであり異常であり珍しいと思います。

しかしながらこういった嗜好の存在がまかり通っていることから、実は需要と供給の均衡がとれているのかもしれません。

そう仮定した場合こういった性的嗜好は人間に必ず発生しうることで、ある意味仕方がないことと考えることが出来ます。つまり一種の病気みたいなものですね。

 

病気といっても人間として不備があるわけでないのでただ単に珍しい性質ということにとどまります。

今まで変態的嗜好を隠してきた故に、不幸になった人がたくさんいるのではないでしょうか。

変態的嗜好を持ちそれを隠していた故に、非行に走ってしまった人が大勢いるのではないだろうか。

それならば変態という存在はもっとオープンになってもよいのではないでしょうか。

 

この記事の思い付きの発端は「オタク」です。

「オタク」はもともとニッチな市場にいたのですが、文化的な変化とともに大衆に受け入れられ始めています。

それならば他のニッチな市場も大衆が受け入れる余地があるのではないか。と考えたわけです。

世間に受け入れてもらえれば自分を隠して生活する必要が減り、ストレスが軽減されます。調べてみると変態のコミュニティは閉鎖的で、簡単に変態同士をマッチングすることは難しいように感じました。

変態的嗜好の需要と供給のバランスがある程度取れているとすると、コミュニティはオープンで大規模なものにしないと、需要と供給のバランスがとりにくくなると考えられます。

折角インターネットが発達しているわけですから変態がパートナーを簡単に探せる状況は犯罪減少の一助や、少子化の歯止めの役割も考えられます。

さらに、あまりモテない人でも変態的嗜好が合えば相手を見つける糸口にもなります。

 

これらから考えると変態同士をマッチングするサイトやサービスは、ビジネスが入り込む余地が大いにあると考えています。

出会い系のサイトは安全性があまり高くないために敬遠されがちですが、逆にそこを保証することが出来れば大きなビジネスに発展する可能性が高いです。それにニッチな市場である変態をかけ合わせればより強固なものになるのではないでしょうか。

イデア料は頂かないので誰かやってみたいって人がいたらやってほしいです。(実現できたらこっそり教えてください)

 

前回に引き続き非モテの戯言的記事でした。